日本海事検定キューエイでは、多分野にわたる審査実績をもとに、様々な規模、幅広い分野のお客様に対してきめ細かな審査認証サービスを提供しております。

食品安全マネジメントシステムとは

22000_01_03

世界的に知られている”HACCP原則およびコーデックス委員会のHACCPシステム適用の手順”を、ISO9001品質マネジメントシステムの枠組みに組み込み、これによって食品の安全性確保を確実なものにし、継続的に改善させるための仕組み作りを可能にしたシステムです。

NKKKQAは、公益財団法人日本適合性認定協会(JAB)より認定を受け、食品安全マネジメントシステム認証(ISO22000)の審査・認証サービスを実施しております。

2018年6月19日にISO22000:2018が発行されました。

今回のISO 22000:2018の主な変更点は、以下の内容になります。
・リーダーシップの強化
・リスクに基づく考え方
・CCPやOPRPを含む主要用語の定義の明確化
・ISO9001やISO14001と共通の上位構造であるHigh Level Structure (HLS)の採用

認定取得分野は下記です。

1.食品加工産業

カテゴリー・コードJAB認定
C腐敗しやすい動物性製品の加工獣肉、家禽肉、卵、酪農及び魚製品ISO22000
腐敗しやすい植物性製品の加工生果及び生ジュース、保存加工された果実、生野菜、保存加工された野菜
傷みやすい動物性及び植物製品の加工(混合製品)ピザ、ラザニア、サンドイッチ、インスタント食品
常温保存製品の加工缶詰、ビスケット、スナック、油、飲料水、飲料、パスタ、穀物、砂糖、塩
Eケータリングホテル、レストラン
K(生)化学製品製造 食物添加物、ビタミン、ミネラル、人工甘香味料、酵素及び加工助剤

2.支援産業

カテゴリー・コードJAB認定
F流通直売所、小売店、卸売業ISO22000
G輸送及び保管輸送、保管

食品安全マネジメントシステムの対象業種は

食品安全マネジメントシステムは一次食品生産者から消費者までの”フードチェ-ン”に属する、次のような業者を対象としています。

page_parts_03

食品安全マネジメントシステム導入のメリット

食品事故の未然の防止や再発防止

安全な食品の提供を通じた経営の質の向上

食品の安全性に対する対外的な信頼向上

ページの先頭へ戻る