日本海事検定キューエイでは、多分野にわたる審査実績をもとに、様々な規模、幅広い分野のお客様に対してきめ細かな審査認証サービスを提供しております。
iso_service
トップページ > ISOサービスセンター > ISO基礎知識 > 品質・環境ISOをどう捉えるべきか

品質・環境ISOをどう捉えるべきか

①企業,国,自治体

  • 非常な勢いで認証取得が進んでいる。
  • お客様という考えが浸透し,ビジネス,プロセスに対するQCDES(品質・コスト・納期/物量・環境・安全)の要求が厳しくなってきている。

②認証取得する意義

ここ2~3年 『営業戦略』 ビジネスチャンスの拡大として
数年~10年後 『営業防衛』 現仕事も認証取得企業に取られる

認証取得後は経営改革,業務革新の道具として非常に良い手段である(がリスクも大きい・・リスク:取得費用,活動期間,継続審査,運営体制)

*認証未取得の企業

今、品質・環境ISOの与える影響を良く研究し,いつ認証を取得するか、あるいは数年間はこのままでよいか,などの判断をし,先の見通しをつけておく事が重要

*取得済み企業

経営改革,業務革新の道具として活用

ISO基礎知識一覧に戻る
ページの先頭へ戻る