日本海事検定キューエイでは、多分野にわたる審査実績をもとに、様々な規模、幅広い分野のお客様に対してきめ細かな審査認証サービスを提供しております。
sub_iso39001

ISO45001労働安全衛生マネジメントシステム(OHSMS)とは

45001_01

日本では、労働安全衛生法のもと、労働安全衛生規則等により、事業者による事故防止処置が義務付けられ、労働災害の削減に向けた取組みが行われております。しかしながら、厚労省労働基準局が発表する労働災害発生状況を見ますと、依然として毎年たくさんの労働災害が発生しています。
労働安全衛生マネジメントシステムとは、労働者、訪問者、職場にいるその他の人々の、負傷、疾病の防止を目的として、その安全に影響する(影響する可能性を含む)条件や人々を管理する仕組み(マネジメントシステム)です。

労働安全衛生マネジメントシステム(OHSMS)導入によるメリット

・安全の確保及び事業リスクの低減
効果的な予防処置を実施することで、働く人々の安全確保だけではなく、事業継続リスクの低減が図れるとともに、保険料の低減や、補償・治療費用の発生防止など、コスト削減も期待できます。
・事業継続
労働災害の削減により、安定的な事業継続の一助となり、経営を支えることにも繋がります。
・企業価値の向上
ISO45001認証取得組織として、労働災害削減への取組みを対外的にアピールすることで、働く人々(含む就労希望者)や利害関係者に信頼を与えることが出来ます。

ISO45001規格の特徴

労働安全衛生のためのマネジメントシステムは、「ILO-OSH2001」、「厚生労働省 労働安全衛生マネジメントシステムに関する指針」、「OHSAS18000」、「建設業労働安全衛生マネジメントシステム(COHSMS)」、「JISHA方式適格OSHMS基準」等、いくつかのOHSMS規格があります。これらは、ISO45001規格と同様に、労使が一体となりPDCAサイクルのプロセスを通じて労働安全衛生水準を継続的に向上させる仕組みです。しかし、ISO45001は、ISO9001:2015やISO14001:2015と同様に、共通テキストが採用されています。この結果、事業との統合やパフォーマンス重視が求められ、他のマネジメントシステムとの親和性が高く、一貫性のあるマネジメントシステムを構築・運用することが可能です。

ページの先頭へ戻る