日本海事検定キューエイでは、多分野にわたる審査実績をもとに、様々な規模、幅広い分野のお客様に対してきめ細かな審査認証サービスを提供しております。
sub_iso39001

道路交通安全マネジメントシステムとは

39001_03

道路交通安全マネジメントシステム(RTSMS)とは、道路交通事故の発生率、死亡や重傷を負うリスクを低減し、最終的には根絶する事を目的として発行されたISOマネジメントシステムです。
NKKKQAは、道路交通安全マネジメントシステムの審査認証システムを構築し、ISO39001の審査・認証サービスを実施しております。

●ISO39001 規格を適用可能な組織(例)
① 有償で貨物および人の運送を行う組織(例:運輸会社)
② 事業(業務)で貨物および人の運送を行う組織
③ 道路施設の運営に関わる組織

●ISO39001 規格の特徴
① 死亡・重傷交通事故をゼロにすることを最終的に目指している
② Guide83(HLS:ハイレベルストラクチャー)を採用している
③ トップマネジメントのリーダーシップを強く要求している
④ RTS(道路交通安全)パフォーマンスファクターの特定
⑤ 緊急事態への対応
⑥ 道路交通衝突事故・その他インシデント調査


道路交通安全マネジメントシステム(RTSMS)導入によるメリット

39001_07

企業価値の向上

・”ISO39001認証取得組織”として組織のブランド価値が高まり、”道路交通安全に向けて正しく経営されている組織”と社会から高く評価されます。

コスト低減

・道路交通事故予防の付加的結果として、マネジメントシステム運用に係わる費用以上のコスト削減や売り上げの確保が可能となります。 例として、 ① 保険料の低減、 ② 補償・治療費用の発生防止、 ③ 利益を得る機会の損失防止、が考えられます。

持続可能ビジネスへの貢献

・道路交通安全は社会的要請であり、重大な道路交通事故を発生させた場合には、組織の存続にかかわる場合があります。

・マネジメントシステムの活用により、道路交通安全を継続的に改善し、社会的要請に応えることによって、組織のビジネスは持続可能なものとなります。

責任共有による死亡・重傷事故減少の促進

・道路交通には、多くの組織やその要員がさまざまな形で関与しています。多くの組織や要員は、この共通したマネジメントシステムを利用して、お互いに道路交通安全への責任を共有することが大切です。

・みんなが責任を共有すれば、重大交通事故による死亡・重傷事故の減少が可能となります。

ISO39001(RTSMS)審査登録のながれ

page_parts999_06

ページの先頭へ戻る